• フリーランスのメリット

    フリーランスという働き方はメリットがあります。



    例えば、サラリーマンでは得られない様な収入増加の可能性があるという事です。サラリーマンの場合には仕事が出来ても無期限雇用という安定と引き換えに、収入の大幅な増加は期待できにくいですが、フリーランスの人は仕事が出来きて結果が残せれば大幅な収入の増加が期待できます。

    税金負担の分でもメリットがある場合があります。



    というのも、フリーランスの人(個人事業主)が支払う税金は所得税・事業税・住民税・消費税等ですが、これらの税負担の一部を、小規模企業共済・経費・保険等を見直す事で確定申告の際の課税対象額を減らす事ができます。また、フリーランスには定年制度等がありません。
    自分の都合で何歳までも働く事ができます。



    サラリーマンの場合には定年制度がある企業が多く働ける期間がある程度決まっています。


    再雇用制度を利用しても、給料がかなり減額する場合もあります(能力に関係なく)。


    フリーランスの人はサラリーマンの人と違い退職金というのは貰えませんが、サラリーマンの人が企業からもらう退職金と同じ役割を果たす小規模企業共済制度があるのでその分はある程度カバーできます。


    企業に勤めていないという事は自由度が高い働き方ですので、収入を(労働時間)を自由に決められるというメリットもありますし、企業に勤めている場合と違って企業勤めの場合特有の人間関係のストレスはある程度軽減される働き方になります。

  • わかりやすい情報

    • 個人事業主であるフリーランスと給与所得者であるサラリーマンでは、税金や社会保険で大きな違いがあります。税金関係では、フリーランスの場合、毎年2月16日から3月15日の間に事業から生じた所得の申告を行い、所得税(課税事業者である場合は消費税も)を納付します。...

  • 学ぼう仕事の事

    • フリーランス(freelance)は、特定の企業・団体・組織に属さず、自分の意思によって自分の能力を企業・団体・組織に提供する「個人事業主・個人企業法人」の事を指します。フリーランスは「フリー」や「フリーで働く」とも言われます。...

  • 知識を増やす

    • サラリーマンなら、自分のスキルだけで自由に働くフリーランスと言う働き方に憧れを抱く事があるでしょう。どこかの企業に属するのではなく、案件毎に個別に契約して仕事を行うスタイルも格好良く、また何より自由でノマド的な働き方ができる点が、こうした憧れになっているのでしょう。...

  • 情報分析

    • 現在、頑張って働いているが労働環境などに不満を抱いている方がいるかと思われます。残業が毎日続いてしまったり、休日がなかなか取れない等の問題を挙げることができます。...